インタビュー4

2020年を振り返り、ちょうど去年の今頃シカゴの知人を介してガーディナーと出会ったなぁと思い起こしていました。本当に長くあっという間だった一年、世界中が常に繋がっている感覚だった一年。新しい年を迎え、最初のインタビューはガーディナーの今年への想いで始めたいなぁと思いました。今年はどんな年になるのでしょうか。また一年宜しくお願いします!

more

Interview 4

It is the year 2021. It will be almost one year since I was first introduced to Gardiner and our online conversation started. What a year to be sharing moments together. I am so grateful for all the time and input she shared with me. To begin Kokono with a new page, I wanted to ask her how she is feeling, welcoming and looking to the coming year. Here is the response I received!

more

Photo of favorite thing

It is year 2021 and time is already slipping away… I received an email from Gardiner with a photo of a mug. It is actually in response to an email I wrote last year asking what her favorite thing around the house is.

新しい年を迎え特別な気持ちに浸るも束の間、あっという間に忙しい毎日に引き戻される。そんな中、ガーディナーから写真付きのメッセージが届く。ガーディナーが毎日見る景色、家の中のお気に入りの場所、お気に入りの物は何?という私の投げ掛けた質問への返信のメール。

More

Photos from Texas

When I last spoke with Gardiner, she was settling back into Chicago life after her one month long california trip. She told me she was already preparing for another road trip to Texas. A few weeks later I received photos from Texas. Lots of outdoor time where it is sunny in Texas unlike the cold Chicago winter.

最後にガーディナーと話したのは、カリフォルニア滞在の直後。シカゴに戻ってまだ2、3日も経たないくらい。その時には既に次のテキサス州への旅に向けて準備をしている最中、とても躍動的で生き生きとしているガーディナーが印象的でした。時々テキサスから写真が届き、既に冬が近づきつつあるシカゴとは違って半袖で過ごせそうな夏の開放的なイメージ。あれからまた1ヶ月以上が過ぎ、ガーディナーはまたシカゴに戻り制作中。そんな写真がつい先日送られてきました。

Continue reading “Photos from Texas”

インタビュー3

アーティストと聞くと、小さい頃から絵を描いたり手を動かして何かを作ったりするのが好きだったり、クリエィティブな人に囲まれた環境で育ったのかしら?と勝手に想像してしまいます。ガーディナーはどんな風にアートの世界へ惹きこまれていったの?日本からはどんなインスピレーションを得たの?などなど、数回のインタビューに分けて聞いてみます。

more

Interview 3

When I think of an artist, I imagine someone who as a child was natural either with hands or spent lots of time around creative people. Quite a cliche I know… How did Gardiner get into art? What role does Japan play in her creative expression? Over the next few interviews I will delve into the history and making of the artist Gardiner a little deeper.

more

Interview 2

When Gardiner talks about her Japanese connection, she often mentions her stepmother, Japanese Canadian Connie. It seems that Gardiner’s interests in Japan became stronger around the time she was first introduced to Connie which is also when she moved to the west coast. I started my second interview by asking her about Connie.

more

インタビュー2 

幼少時代は日本との繋がりが皆無に等しかったガーディナー。いつから日本に関心を持ち出したのでしょうか?聞いてみると、20代で西海岸へ移住したのがきっかけだったとのこと。それと同じ時期に日系カナダ人のコニーが義母として家族の一員に加わった事も、ガーディナーと日本の間の距離がぐっと近くなる転機だった様です。

more

Photos from California 2

A month long trip to California is coming to an end for Gardiner. She emails me with some images taken at her final destination on the itinerary. It is the National Park in California called Manzanar National Historic Site. I look up to find that it is one of the camp sites in the United States where more than 120,000 Japanese Americans were incarcerated during World War II. Looking at the pictures I cannot help but wonder “what kept the hopes of Japanese Americans alive?”

ガーディナーのカリフォルニアでの滞在も 終わりに近づき、シカゴへと帰路に就く。旅の最後の目的地から写真が送られてくる。今回の旅の中でもガーディナーにとって大きな位置を占めている場所、マンザナー国定史跡。第二次世界大戦で1万2千人以上の日系アメリカ人が収容されたマンザナー強制収容所の跡地。カラカラの大地、来る日も来る日もひたすら耐える、何を心の頼りにして生活していたのかなどを想像してしまう。

more

インタビュー1 

私たちのメールの中によく出てくるアイデンティティーという概念。
ガーディナーの作品のテーマになる事も多く、彼女が普段から良く考えていること。
ガーディナーにとって日本はどんな存在だったのか?ガーディナーが自身の中に見いだすアイデンティティーは常に変化しているのか?そして、これまでの道のりはどんなだったか?などなど、サンノゼのジャパンタウンでの写真を元にガーディナーにインタビューしてみました。

more