インタビュー3

アーティストと聞くと、小さい頃から絵を描いたり手を動かして何かを作ったりするのが好きだったり、クリエィティブな人に囲まれた環境で育ったのかしら?と勝手に想像してしまいます。ガーディナーはどんな風にアートの世界へ惹きこまれていったの?日本からはどんなインスピレーションを得たの?などなど、数回のインタビューに分けて聞いてみます。

Continue reading “インタビュー3”

Interview 3

When I think of an artist, I imagine someone who as a child was natural either with hands or spent lots of time around creative people. Quite a cliche I know… How did Gardiner get into art? What role does Japan play in her creative expression? Over the next few interviews I will delve into the history and making of the artist Gardiner a little deeper.

Continue reading “Interview 3”

Interview 2

When Gardiner talks about her Japanese connection, she often mentions her stepmother, Japanese Canadian Connie. It seems that Gardiner’s interests in Japan became stronger around the time she was first introduced to Connie which is also when she moved to the west coast. I started my second interview by asking her about Connie.

more

インタビュー2 

幼少時代は日本との繋がりが皆無に等しかったガーディナー。いつから日本に関心を持ち出したのでしょうか?聞いてみると、20代で西海岸へ移住したのがきっかけだったとのこと。それと同じ時期に日系カナダ人のコニーが義母として家族の一員に加わった事も、ガーディナーと日本の間の距離がぐっと近くなる転機だった様です。

more

インタビュー1 

私たちのメールの中によく出てくるアイデンティティーという概念。
ガーディナーの作品のテーマになる事も多く、彼女が普段から良く考えていること。
ガーディナーにとって日本はどんな存在だったのか?ガーディナーが自身の中に見いだすアイデンティティーは常に変化しているのか?そして、これまでの道のりはどんなだったか?などなど、サンノゼのジャパンタウンでの写真を元にガーディナーにインタビューしてみました。

more

Interview 1

There is a recurring theme in my email exchange with Gardiner.
A theme that is present in her work and something she thinks about often; a sense of identity.  What was it like growing up with the Japanese identity? How has her sense of identity changed? What has the journey been like for her?
The initial interview question came out of the storefront images she took in San Jose.

more