Photo of favorite thing

It is year 2021 and time is already slipping away… I received an email from Gardiner with a photo of a mug. It is actually in response to an email I wrote last year asking what her favorite thing around the house is.

新しい年を迎え特別な気持ちに浸るも束の間、あっという間に忙しい毎日に引き戻される。そんな中、ガーディナーから写真付きのメッセージが届く。ガーディナーが毎日見る景色、家の中のお気に入りの場所、お気に入りの物は何?という私の投げ掛けた質問への返信のメール。

“This is my favorite cup. Even though I have a lot of beautiful one-of-a-kind ceramics that I could use on a daily basis, I find myself using this cup most often. I bought it at a thrift store years ago for 25 cents…I think in California. Anyway the poppies remind me of California, and the design looks to be from an era that is probably reminiscent of my childhood. I like the little chip on the rim too. I’m sure it was mass produced at one time: part of a set of dishes in somebody’s kitchen in the 70’s. “

“私のお気に入りのコップです。一点物の素敵なコップも沢山持っているけれど、気がつくとこれを一番頻繁に使っている。リサイクルショップで25セントで手に入れた、確かカリフォルニアだったかな。このポピーを見るとカリフォルニアを思い出させてくれて、デザインも私の小さい頃のと良く似ていて懐かしい感じがする。口元が欠けているのも好きなところ。大量生産されたものの一つだと思う。70年代、誰かのキッチンのお皿のセットの中の一つだったんだろうなぁ。”

I totally get her sentiment. Things that stay with us become part of our life and start to live like a companion. Even if it was not at all our intention when we first picked it up at a thrift store for 25 cents many years ago somewhere in California… The mug is smiling at me sitting comfortably on the kitchen counter. I love it.

何気なく手にして、何気なく買った物が、長い年月を共にする事でいつの間にかお気に入りになっている。多分誰もが経験したことのある感覚だと思う。執着とも言えるし愛でる気持ちとも言えるし、人が物に心の様な何かを見る瞬間なのかな。私がいつも感じている感覚、コップを通してガーディナーと繋がった感じがして嬉しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.